fxで勝つのはなかなか難しい?

fxは参加者の1割しか買っていないと一般的に言われています。中にはさらに少なくて、全体の5%ほどしか買っていないのではなんて意見もあるようです。ただし、参加者の1割しか買っていないということは、その分のお金は勝ち組の手に渡るわけで、勝てるようになると非常のおいしいとも言えるでしょう。しかし、現実は厳しいようで、fxを始めたものの負けがかさみ資産を減らして退場する人が大半のようです。

fxを始めたけれど、結局は負けて退場してしまったという人を大雑把に分けると2つのタイプがいるようです。fxを始めた最初のうちは勝ててお金を増やした体験を持っている人と、まったくプラスにもならない人の2つのパターンです。前者はビギナーズラックで勝てたものだから、割と簡単に勝てると思ってしまいその後負けが続き大金を失ってしまうといったパターン。

こちらのタイプはまだ成功体験があるからいいのですが、最初からまったく勝てないというのが後者のパターンです。少しもプラスにならずに、どんどんお金が減っていく感じです。どちらのパターンでお金を減らしたとしてもfxは難しい、怖いものだと思い込んでしまう可能性が高いでしょう。

そうして自分なりにテクニカルを勉強したり、教材を買ったりしてトレードで勝とうとするのですが勝てません。努力をしても報われない感じです。勉強を始めたのですが、知識を頭に詰め込めば詰め込むほどに難しく考えるようになって、ポジると逆へ逆へと動いてしまい混乱していきます。

熱くなってあまり考えずに売り買いしてしまったり、ロット数を上げたりとキレてトレードしてしまうこともあるようです。自分がポジると必ず逆にいくため、、誰かが裏で捜査をしていると感じる方も多いそうです。こうやって疲れてしまい新しくfxを始めた人は為替市場から退場していきます。

で、ここから勝ち組と負け組は分かれるようです。勝ち組はここであきらめずfxを続けます。fxで勝っている人は自分でチャートを検証をして優位性のあるルールを構築したり、良い師匠に弟子入りして一からfxを学びなおしたり、勝ち組に回る努力を続けています。、

fxは勝ち組に回るのはなかなか難しいのですが、実際に成功している方もたくさん存在しています。fx関連のブログやツイッターには、勝てるようになったきっかけが書かれていることも多いです。今fxで負けている人は、こちらを参考に考え方を改めてみるのもいいかもしれません。

admin

コメントを送信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です